ubuntu studio (update from 7.04-feisty)

 2007-06-03
ubuntustudio070604.jpg

ちょっと古い話だが、ubuntu studioが出たので
手持ちのfeisty(7.04)からのアップデートを試みた。
USB-HDDに入れてあるfeistyだが、grubいじる以外は通常のfeisty環境。

aptのsources.lstにリポジトリ追加して
ubuntu studio関連を選べばよいのだが、以外と面倒。

【1】kernel
lowlatency版のkernelを選んで入れることになるのだが
いきなりXが起動しなくなった。
少し考えてわかったのだが、restrict driverもlowlatency版があるのだ。
と言うわけで差し替えるのだが・・・面倒。
・通常カーネルでブート(残ってるはず)
先にDLだけ済ましておく。。kernelのlowlatency系、同じくrestrictのlowlatency版。
・いったんnvidia-glx関係を外し、Xのconfを標準状態にしておく
・restrictedモジュールを読み込まない様、コンパネで設定
・すると無線LANが使えなくなる(ので先にDLしておくのだ)
・lowlatency版でブート
・Xが立ち上がればsynaptic、無理ならaptitudeでrestrict-lowlatancy導入。
・パッケージ名はaptitudeのメニューで探す(かdpkg -l | grep hogehogeとか?)
・再度リブート、restrict読み込みとnvidia-glx再セットで終わり!

【2】desktop images
壁紙と音は問題ない。Emeraldのテーマもsynapticで。
問題はGnome Splashだが、、、下記を見つけるのに苦労した。
「/usr/share/pixmaps/splash/splash_US.png」
これをgnome splash screen preferences(なければsynapticで導入せよ)
・・・で設定すればよい。

【3】Jackd
ubuntu studioなんだから音を・・・といいたいが
なかなかいうことを聞いてくれない。
わたしの場合はinputを殺したら動いた。意味がない・・・
素直にPresonus Fireboxあたりを買うのがよい。

ちなみにMIDI関連は、YAMAHA UX16が設定なしで動いた。
問題なくMIDI IN/OUT可能。


【4】Songbird
スクリーンショットにあるsongbirdは、まだubuntuに取り込まれてない様子なので
自分でtar玉を持ってくればよい。
なんと普通にバイナリを解凍して適当なフォルダに置くだけで動いてしまった。
linuxもwindows並になったと妙に感動。

ただし使い勝手はいまいち。
毎度の文字化け(タグはUTF-8でないとダメ)はおいといて
ジャンルや複数枚組アルバムに非対応など、
まだRhythmBoxの方がよいぐらいか。

ちなみにタグ問題だが、Beep media playerならShiftJISが扱える
但しその場合、逆にUTF-8が文字化けするので痛し痒し。
複数の日本語コードに対応できないあたりが、
まだまだWindows/Macintosh環境に追い付いていないと感じる。


そんなこんなで。ちなみに肝心の音楽環境はまだプア。
WindowsのVSTiが全部簡単に使えるぐらいでないと、という以前に
なぜACID/Live/GarageBand系のソフトがない?
それだけでだいぶ違うと思うのだけれども。
スポンサーサイト
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫