VistaのBluetooth

 2008-02-20
この前組んだPCに、このBluetoothアダプタ(ドングル)をさしてある。

PTM-UBT3S
Princeton
\1,970-


で、あまり使っていなかったのだが、以前買ったety8を繋ごうとしてみた。
ety8
Etymotic Research
\31,800-


ちなみにOSはVista x64。いきなりBluetoothドングルの添付ドライバが対応してないが
実際は東芝のBluetooth Stackなので、ここで入手すれば問題なく動作はする。

しかし、とりあえずつながらない。
東芝のBluetooth StackはA2DPプロファイルがSCMS-T対応デバイスのみに限定されるという
とても謎な仕様(国内家電メーカーにありがちではあるが)で、ety8がつながらない。
ほかにはWIDCOMMのStackやBluesoreilのスタックならA2DPがいけるのだが
それはつまりアダプタを買い直せということに等しい。

で、ちょっと調べたら「最近、Vistaの標準搭載MS StackがA2DPに対応した」とかいう話が。
Microsoftのサイトを検索しても、そのようなことは一切出てこないので信憑性が薄いが
試しに東芝スタックをアンインストール(すると自動でMS純正スタックに切り替わる)と・・・
なんと、ほんとにステレオで鳴ってるよ・・・

単に東芝スタックのA2DPプロファイルが残留しているだけなのかもしれないし
Vista(x32)ではできないのかもしれない。情報が足りてない。
ともかくこれで、ワイヤレスヘッドホンがばっちり使えるようになった。


しかし問題発生。PC本体を足下に置いているのだが
ドングルをPC裏面に挿していると音切れが激しい。というかほぼ聞こえない。
で、前面端子に挿してもだめ。
Class2の出力で10mまでいける仕様だが、実際は50cmぐらい(しかも遮蔽物NG)がClass2の実力。
・・・・ety8付属のiPod用Bluetoothトランスミッターなんかもそう。すげー使えない。
というわけで、しょうがないので手元に置いてあるUSBハブに繋いだら使えた。

かっちょ悪いので100m規格のClass1ドングルを買うしかないなぁ。
でも国内だとJabra A320s / A330しかない(ちょっと高いし、デカイ)。
・・・・と思ったらまさに今使っているやつの後継機種(PTM-UBT4)が丁度出た。
今週末発売なので、iPod用のトランスミッタ(Maxellが音切れしないらしい)と一緒に買うかな。

スポンサーサイト
タグ :

FL-chan(FL Studio)

 2008-02-17
知らない間にFL studioがなんだか変なことになってる。




元々そういうソフトでは全くなかったと思うのだがこういう経緯らしい
で、最新版のRC1に踊るプラグインまでついちゃったと。
ちなみに公式サイトにいくとこんなことに。
FLSTUDIO_HP_FLCHAN.jpg


個人的にFruityLoops(FL Studio)は合わなかったので買ってないのだけれど
いつのまにか相当パワーアップしていて、
Reaktorのようなシンセ作成プラグイン?もついている様子。
なんだかサンプラーもよさげにみえるし。
なのにあっさりこういうことをするのかと。

それなりに歴史のある音楽制作ソフトなのに、
このフットワークの軽さはちょっとビックリしてしまう。日本人にはない考え方だろう。


こっからグダグダ。

商売やっている身としては、これが初音ミクのように
3万本級(XXLで12億円程度か)の物販売上になるお化けソフトになるかな、と考えてしまうのだが
Download販売があるから、ちょっと難しいかな。
ただ個人としての人間はやはり「物体」に強い価値を感じるのでパッケージ販売ブレイクいけるか?
(法人顧客には当然そういう概念は全くないので、SaaSやASPが流行るのだけど)。



どっちにしても、
初音ミクで「やっぱりみんな音楽を作ってみたいものです」という市場があると判明したので
5月(らしい)ver8リリースまでに盛り上がれば、また面白いことになるかもしれず。
製品コア自体は初音ミクのそれと同じく、「安易ではない"本物"」なわけだし。

以上グダグダおわり!
タグ :

愛とご馳走の旅路

 2008-02-05
何年前か忘れたが、携帯で「愛と労働の日々」というゲームがあった。

105円のくせに、あまりにもシュール(かつある意味で泣けるほどリアルな人生)な世界観で
おもいっきり笑い転げた記憶がある。
主人公の仕事は玉ころがしで、嫁や子供まで買い物で入手、
そして無意味に赤いものがいい・・・
・・ってどこがリアルかといわれそうだが、実際リアルな側面あるんだって。
人生が31日で終わるというのもシュールすぎるのだが。


で続編があるのを今日発見してしまった。1年も前に出ていたのに見落とした。
「愛とご馳走の旅路」

今度は嫁。しかもシューティング。なに考えているのか。
値段も2倍。でも210円。ありえない。
そして相変わらず、激しくシュールな会話が展開している。でも米屋にときめく嫁(笑)

しばらくハマっとくことにした。



この会社、すごく気合の入った携帯ゲームも作っているのだけど(昔のFFみたいなのとか)
たまにとんでもなくシュールなのを出してくるので、それが面白い。
気合の入った例はこんなのとか。




まぁさすがに、20年以上も前にこれを作ったメーカーの人が社長だけある。
この頃も、DISKの中に隠しゲームでやたらシュールなのが入ってたもんなぁ。
SILPHEED_88

タグ :

USBカードリーダーのドライブアイコン

 2008-02-04


FA-405M3

Owltech
\1,470-

MacBook Airが期待はずれだったので、意味無く衝動的に自作PCを組んでしまった。
5年ぶりの自作は、ノートPCに慣れた身には浦島太郎だったが
それはさておき、安物のカードリーダー(USB)を内蔵してみた。

たいていどこのUSBカードリーダーでもそうだが
普通に使っている限り、USBのリムーバブルドライブとして認識するので
Windows上(少なくともXP / Vista)からは
・4つのドライブが常時出てくる
・しかも全部同じ「リムーバブルドライブ」で見分けがつかない
・「デバイスの取り外し」にカードリーダー自体が出てきて紛らわしい


という問題がある。これがメーカーPCなら普通は
・メディアを差したときしかドライブが出てこない
・メディアごとにドライブアイコンがちゃんと異なる(SDカードならSDのアイコン)
・「デバイスの取り外し」にカードリーダーは出てこない

当然メーカーPCのような動作の方が、比較にならないほど使いやすい。
というわけで、なんとかしてみることにした。



まずは、ドライバがあるのかどうかを調べる。
デバイスマネージャーからVendor IDを調べてみると
どうやらOwltechのリーダーはRealtekチップを使っているらしいので、
Realtekサイトでカードリーダーのドライバを落とす(汎用らしい)

これをインストールしてみたところ
・メディアごとに異なるドライブアイコンになる
・「デバイスの取り外し」にカードリーダーが出てこなくなる(外せなくなる)

・4つのドライブは常時出たまま

で、ここまでは実はweb上の情報でも沢山出てくるのだが、
「メディアを差したときだけ、ドライブが出てくる」方法については見つからない。
本当に無理なのか・・・・と思ってドライバのiniファイルやinfを覗いてみると
setup.iniに、こんな項目がありましたと。
"setup.ini"

(先頭省略)
[ControlFlag]
IconDisplay=ON
DisableSafeRemove=ON
ShowDiskRemoval=OFF
MacStyle=OFF
SelectiveSuspend=ON
SelectiveSuspendTimeoutTime=10
(EOF)

前後の項目からして、非常に臭い。Macのようなスタイル、というのも臭い。
というわけでこれをOnに書き換えてインストールしてみたら、見事にドライブが全部消えた。

試しにSDカードを差してみれば、
ちゃんとSDカードドライブのアイコンで1つだけドライブが出現。
カードを抜けば、ドライブも消える。
SmartMediaでも試したが、同様の動作をしたので大丈夫なようだ。
ドライブレターも、ちゃんと毎回検索してくれているようで
4つもドライブレターを占有しない(うちなら、どれを差してもFドライブ)。

ただし、アイコンはRealtek謹製らしく相当ダサいため、
変更するためににレジストリ上で書き換えようとしたが、
メディアを差したときに動的にレジストリを生成・削除している様なので
書き換えたところで無駄と予想して断念。
まぁここまでくればOkでしょうということで、下記の状態になった。

・メディアごとに異なるドライブアイコンになる
・「デバイスの取り外し」にカードリーダーが出てこなくなる(外せなくなる)
・メディアを差したときだけ、ドライブが出現する

・ドライブアイコンがちょっとダサめ(笑)


以上。

余談だが組んだPCは、
・Shuttle SX38P2 Pro
・Core2Duo E8400
・GeForce8800GTS(G92) 512MB
・PIONEER Blu-Rayドライブ
・4GBメモリ
・500GB-HDD

という最新構成なのだが、最新過ぎて不安定。
特にキューブケースのマザーBIOSが不安定で、
  ・リブートに失敗する時がある
  ・内蔵サウンドチップの認識に、高確率で失敗する
といった状態。Vista(64bit)のせいかもしれないが・・・・・
これについては後日。



タグ :

echo audiofire2 + bose M3

 2008-02-02
AudioFire2
(2006/11)
Echo Audio
\29,800-
1年以上も前に買ったAudioFire2、なんとドライバアップデートでパッチベイ機能がついた。
当時書いたようにヘッドホンアウトとメインアウトが別チャンネルで非常に使いづらかったのだが、
これで任意のOutを任意の端子へ好きなように配置できるので
Out1-2をヘッドホンとメインアウトに同時アサインできる。
ついでにセットアップの記憶もしてくれているようだ。

さすがEchoAudio。神様。信じて売らずにおいてよかった!
というかAudioFire4より便利になっちゃったけどいいの?


昔使っていたGINA20も、何年もドライバアップデートを続けた挙句に
当初から信じられないほどの使い勝手を実現していたので、もしや・・と思っていて正解。

今までPresonus Fireboxを常用していたが、
音質や操作性は文句のつけようもなかったが
MacBookにバスパワーでつなぐとOS巻き込んで落ちたり
Windowsでも1時間ぐらいで無反応になったりと最低なので
Presonusさらばとばかり、サクッと売り払ってきた。

ついでにこれも売ってきた。
MSP5A
YAMAHA
\23,625-

で、これを買ってみた。BOSE M3
BOSE_M3


ショールームでM2と聞き比べたところ、M2のほうが無理していない音がする(素直)が
その代わり高音と低音はM3のほうがよかったので、高いほうを買うと。

で、、、audiofire2につなげて自宅で聞いてみた。
M3が想像以上の音なのは確かだが、とはいえミニコンポレベルでした orz
たしかにサイズを考えると異常なほど低音がでるが、その分フン詰まりな感じで伸びやかさがない。
50Hz以下と16kHz以上をバッサリ切り落としてるのは本当らしい。
おまけに聴き疲れする

やはりBOSE M3をDTMモニタースピーカーとして使うのはダメ。
MSP5Aは安めとはいえ、まともなモニタースピーカーなので
音のフン詰まりはないし、そもそも低音も高音もMSP5Aの方が遥かに出る。
比べるべくもなかったということか・・・・・。

困ったな。中古のKRK V4でも探すか・・・・

タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫