DynDNSからMyDNSに乗換

 2013-05-18
無料DNSとしてDynDNSを10年近く使っていたが、
こんなメールが来た。
Subject:SLA Update For Dyn Non-Paid Users

Starting now, if you would like to maintain your free Dyn account, you must now log into your account once a month. Failure to do so will result in expiration and loss of your hostname.(以下省略)

要するにDynDNSを無料使用続けたいなら
毎月1回、マジでログインしろと。IPアドレス更新じゃダメだよと。


そんなところに金を払う気はまったくないので、
DNSサービスを乗り換えることにした。
調べてみると、まぁ色々あるようだが
下記の理由でMyDNSを選択。

 ・そこそこ長く続いている
 ・更新が複数方法で可能(POP/IMAP/FTP/HTTP)
 ・気に入ったドメインがあった



MyDNSの使用について。
基本的な使い方や、わかりやすい解説等は
MyDNSが公式で容易しているので充分。

問題はIP更新の方法、
Ubuntuサーバで自動実行させたい。
DynDNSの場合はddclientパッケージがあるのだが
MyDNSにはまだ対応していない。
(改造してる人もいるようだが)

とはいえ別に普通にhttpアクセスが提供されているので
あっさりcronつかってwget動かせばOK
パッケージもくそもない(笑)

crontabの中身はこんな感じ
午前3時に更新がかかる。
0 3 * * * wget -q -O /dev/null http://mydnsID:mydnsPASS@www.mydns.jp/login.html




後はまぁ・・・
旧FDQNから新FQDNに載せ替えるためのサーバ側修正か。
めんどくさいなぁ・・・。
スポンサーサイト
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫