Debian 4.0(etch) アップグレード

 2007-04-10
logo_debian[1].gif

やっとdebian 4.0(etch)がstableになった。3年は掛かったか。
というわけで4年前からdeiban化している自宅サーバをupgradeするのだが
当時からSarge(そのころTesting)、更にetch、sidと色々遊んでいた上に
Kernelが2.4系列のため、難航が予想される。

まずはおきまりの操作
・netselect-apt stable で sources.lst再生成(etch用にね)
・aptitude update ; aptitude dist-upgrade

途中で「Kernelが2.6系じゃない。アップグレードしろ」と怒られて止まるので
・aptitude install kernel-image

すると・・・激しくライブラリを入れ替え始めた。まぁ当然か。

全然完了してないが、この後は野良kernelの掃除も含めて
・stableで最新のkernel-imageを入れる
・grub編集(不要かも)
・dpkg --purge --force-remove-essential kernel-image-NNN しまくる。

SlackwareでのKernel2.0→Kernel2.2系Upgradeでの経験から
Kernel小数点1桁のUpgradeは、丸ごと再インストールが安全確実
と思っているが、debianのaptシステムがその個人ジンクスを乗り越えるかどうか。
・・・・・多分乗り越えるんじゃないかと思う。
何しろ4年間も、24時間サーバとして元気に稼働し続けてるもんねぇ。
やっぱりサーバにはdebian。


そんなわけでmooでもしながら待ちましょうかね。

aptitude moo
aptitude moo -v
aptitude moo -vv
aptitude moo -vvv
・・・・・
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

https://silver0480.blog.fc2.com/tb.php/137-23735e70

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫