Styleaudio Carat Jewel - PERIDOT

 2008-10-03
081003atyleaudio_logo.gif
AMP800が壊れたのでStyleaudio Carat PERIDOTを買ってきた。
10月10日発売らしいが、Dynamic Audioに行ったらもう入荷していた・・・・
”今日からデモの予定でしたが、
デモできるなら在庫よこせ!って言ったら入荷できました
ちなみにあなたが最初の客です”

・・・とかお店の人もなかなか剛毅で笑える。
つかメーカーもユルい対応で面白いわ。

実は家に帰ってAMP800をバラしたら直っちゃったんでまた無駄買いなんだけど
そんなことは気にしないぜ!日本経済に貢献するぜ!(涙)


CARAT - PERIDOT

Styleaudio (2008/10/10)
¥34,800-


というわけでサイズや価格が近いecho audiofire2と見た目を比べてみましたよと。

Audiofire2

Echo Audio (2006/11)
¥29,800-


上から。Audiofire2の方が正方形に近い。
20081003057.jpg

前から。Audiofire2の方が小さい。あと音声入力がある(PERIDOTは出力オンリー)
20081003060.jpg

後ろから。Audiofire2はブレイクアウト経由でS/P DIF in/out、あとMIDIがつきます。
20081003058.jpg


ではE-MU 0202USBも一緒に機能比較。
 PERIDOT0202USBAudiofire2
PC I/FUSB1.1USB2.0ieee1394(6pin)
セルフパワーYesYes6pin時Yes
最大
サンプルレート
未調査96kHz96kHz
最大解像度未調査24bit24bit
ヘッドホン端子YesYesYes(ミニピン)
メインアウトRCAピンTRSバランスTRSバランス
メインイン--TRSかTSバランスTRSバランス
Hi-Zイン--あり--
マイクプリ--あり--
デジタルアウト----S/P DIF同軸
デジタルイン----S/P DIF同軸
MIDI端子----あり
パッチベイ機能----あり
ドライバWin標準
Mac標準
ASIO/WDM/
MME/
CoreAudio
ASIO/WDM/
WaveRT/MME/
CoreAudio

23:49追加:
PERIDOTはチップ自体は24bit/192kHz対応だが、
実際には16bit/48kHzまでしか使えないとのこと(公式ブログ情報)


表だけみると、Audiofire2が一番いいわけだが
PERIDOTは「ドライバ導入が不要」なところがミソで
聴くだけなら一番安定するということですね。

んじゃレビュー
【質感その他】
0202USBやAMP800とは比較にならない、
というか比較が失礼なぐら高い質感(あたりまえ)。
Audiofire2とはいい勝負だが、専用金型のechoの方が上級。
でもオーディオファンにはPERIDOTのほうが格好よく見えそうな
装飾的なデザインですね。

LEDはちょっと高級な、青っぽいグリーン。
照度が高いのは、これもオーディオとしての演出とは思う。
目に痛いが、まぁ所有欲を煽る措置だろうから仕方なし。

因みにPERIDOT、ボリュームに微妙なガリノイズっぽいのが乗ります。
しかも片chだけで、デジタルノイズに近い質感で不思議なノイズ。
ボリューム動かす時だけのノイズだから、実用上問題なしですが。
なおボリュームの物理的な質感や重さは、
オーディオ機器チックで非常に良い。


【操作性】
電源のOn / Offが出来るのは重要。Audiofire2にはこれがないんだな。
実用的にはプッシュスイッチにして欲しいところだけど、まぁこれも演出か。

出力先選択があるのは蛇足機能。
どっちにも音を出しっぱなしにすればいい。
Audiofire2なみに「パッチベイ」つけろとはいわんが・・・


【音質】
AKG K240S / SENNHEISER HD595でテスト。
いきなりUSBバスパワーとは思えないぐらいパワフルな音
低音がすげー出ます。
AMP800と0202USBどころかAudiofire2より出てる。
また、上記のヘッドホンが十二分にドライブできてる。すげぇ。
音の伸びは0202USBよりは上で、0202USB経由のAMP800よりは下。
当然Audiofire2より下。
解像度は0202USBより少し低い程度で
これはAMP800経由にしても傾向変わらず。
ただ、”リスニング的な意味として”では
価格にふさわしい解像度がちゃんと出てる感じ。

全体的にエキサイターかましたみたいな音になる
メリハリくっきり、低音ばっちり。
リスニング用に調整してあると。さすがオーディオ機器ですね。
因みにこれらの傾向は、RCAピン経由でも基本は変わりません。


【お勧め度】
Audiofire2 / 0202USB / AMP800は基本的に制作機材だからして
分析的な解像度でPERIDOTが勝負にならないのは当たり前だし
低音の強さも「トーンコントロール的」なものであって
それが分析的に聞き分けられるような質のモノじゃない。

でもリスニングには上記のどれよりもお勧め。
「正確な音」は出なくて、「とにかく気持ちいい音」が出るようになってる。
しかもドライバがWin標準なので、安定度は他と比較になりません。

で、やっぱり音楽制作には使えません(笑)
エフェクタかましたような、こういう解像度の音じゃ作る時は困るさね。
ASIO4ALL入れればいいってもんじゃない。
スポンサーサイト
タグ :
コメント
始めまして、CARAT-UD1を使用していて、PERIDOTが発売され、購入しようか迷っていたところでした。
メリハリくっきり、低音ブーストぎみは、今使用しているUD-1と同じ傾向なので、今回はPERIDOTの購入を見送る事にしました。個人的にはフラットな特性で、高解像度のものが好みです。
eyesoftsさんの自作ヘッドホンアンプが良さそうですね。USBDAC内蔵版が出たら購入したいです。
こういったレビューはとても貴重な参考資料となりますので、今後も続けてほしいです。
これから、風邪等流行る季節になりますので、お体に気お付けて頑張って下さい。
【2008/10/25 09:58】 | Kuro #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

https://silver0480.blog.fc2.com/tb.php/220-7f1695c5

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫