ESXi 5.5 カスタムISOの作成(i218v Gigabit Ethernet)

 2014-08-24
Click to english version

vmware ESXi インストール用ISOへのドライバ導入についてのメモ

 ・ドライバを組み込んだカスタムISOの作成方法は2つあるようだ
   1:PowerCLIを使用
   2:ESXi-Customizerを使用

 ・PowerCLIの場合、素材としてESXi Offline Bundleを必要とする(無償ユーザーはDLできないようになっている)
 ・ESXi-Customizer v2.7.2 (2014年8月時点の最新版)には バグがあるそうな

 ・最近(intel Z97、H97)マザーについてるintel i218V Gigabit Ethernetは、ドライバ導入が必要
 ・googleでよく見つかるドライバでは、ちょっと古くてNG
 ・2014年7月に作成された新しいドライバもあるが、ESXi-Customizerのバグにひっかかって導入できない

 ソース:
  V-Front ESXi Customizer
  V-Front VIBSDepot Wiki (ドライバ類)
  vmware communityの該当スレッド


 というわけで、無償ユーザー前提で、バグを直しつつESXi Customizerを使う方法。
 基本的にはvmware communityのスレッドを読めば、殆ど分かるが

 ・ESXi-Customizer.cmdの593行目から、下記の赤文字部分を修正する 
 【Before】
findstr /I /L "<payload" %1 | "%SED%" -e "s#.*<payload name=\"#set %2PayloadName=#I;s#\".*##I" >>%3
echo.>>%3
findstr /I /L "<payload" %1 | "%SED%" -e "s#.*<payload .* type=\"#set %2PayloadType=#I;s#\".*##I" >>%3

 【After】
findstr /I /R "<payload.*name" %1 | "%SED%" -e "s#.*<payload name=\"#set %2PayloadName=#I;s#\".*##I" >>%3
echo.>>%3
findstr /I /R "<payload.*name" %1 | "%SED%" -e "s#.*<payload .* type=\"#set %2PayloadType=#I;s#\".*##I" >>%3



 ・vmware communityの該当スレッドから e1000e-3.1.0.2-glr.vib を入手
  (今はもうv-front.deの方でも同じモノが登録されている)
 ・後は普通にESXi-Customizer.cmdでドライバ導入出来る。

 ・ちなみに、同世代のマザーであればSATAのドライバも導入した方がよい
 ・同じくv-front.de から sata-xahci-1.22-1.x86_64.vib を使用する


基本的に英語が読めるのは当たり前?なセカイだろうから、
ちょっと手抜きなメモになってしまった・・・・
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

https://silver0480.blog.fc2.com/tb.php/381-a86ba9f4

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫