Aspire Plato 電子タバコ(Vape)レビュー

 2017-03-05
子供も生まれるので、長年吸っていたタバコを電子タバコに変更。
以前はしばらくIQOSを使っていたが、1年持たずに壊れたのと
ちょっと維持費が高いので、年明けからVAPEを試していた。

米国赴任帰りの同僚から未使用を貰って、
「Kangertech Aerotank」+「Vision Spinner2」という組み合わせで
ニコチン入りのリキッドで1カ月試したところ、
普通のタバコを吸わないところまではOK




で、色々不満も出てきた。
・1日に吸う量は、どうやら2.5ml程度では足りない。4-5ml欲しい。
・電池も1600mAhではちょっと足りない。2500mAh程度。
・満員電車で、リキッドタンクが割れそうで怖い。


上記の不満を解決する方法は色々あるのだけれど
まずは一番手軽な「タンク内蔵型」+「電池は18650汎用」を探したところ
Kangertech CuptiAspire Platoという製品がヒット。


両者を比較したところ
 ・Cuptiの方が少し安いが、実はAspire Platoは18650電池が付属している(価値1500円程度)
 ・Cuptiは交換用コイルが入手しづらい(CLOCCコイル)
 ・Platoは、やたらコイルが手に入りやすい(Nautilus互換・Triton mini互換)
 ・Platoの方が、リキッド残量窓が小さくて見づらい
 ・Platoはタンクを分解して洗える(Cuptiは分解できない)



【買ってみた】
なんとなくgearbestから輸入。1週間ぐらいかな。

 ・日本語マニュアル当然なし。英語はあるヨ
 ・操作は基本的にW数上下や温度上下だけ。シンプル
 ・リキッド補充時、底面のエアフローを全閉にしないと漏れる
 ・それ以外の状況では、漏れることは基本的になし
 ・リキッドは写真のように、なみなみと入って5ml超え。ナイス

ちなみに、今までの Aerotank + Vision Spinner と比べると
 ・少し重いが、割れる心配がないしコンパクト
 ・吸引時に、空気の音がする(しゅこー!という感じ)
 ・50Wまで対応だが、15Wでも十分に煙と味が出る(1.8Ωコイルですら)
 ・燃費はW数とエアフロー開閉で大分異なる
20170305_Aspire_plato.jpg


見た目はCuptiの方が良いのだけれど
毎日紙巻きたばこの代わりに使う時点で
使いやすさの方を優先して特に後悔はなし。

ちなみにPlatoの交換用コイルは例えば下記。
・Aspire Nautilus用コイル 1.6Ωなど色々
・Triton mini用コイル 1.8Ω、1.2Ω、Ni温度管理コイルなど
・海外だと安い互換品がたくさん



次は少し高機能なコンパクトタイプで
iStick Pico か CIGPET ANT 、または SMOK baby Alien あたりか
いっそ高機能なVT75 nanoか。
タンクをアルミでガードしてるタイプを買い足せば、満員電車も安心かな?

以上。
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

https://silver0480.blog.fc2.com/tb.php/442-365bd4cf

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫