三菱エアコン霧ヶ峰 自力分解の方法(ドレンパン・クロスフローファンまで)

 2017-08-17
寝室のエアコンがカビクサイ。6年目になって大分汚れが酷い模様。
で、よくある洗浄方法(養生して、下からファンに洗剤吹き付けて、、、、)を試したが
汚れ(黒いワカメ)は大量に出てくるものの、カビ臭さは治らない。

で、色々調べてみたところ
 ・臭いの元は、ドレンパン(水受け)と回転するファンそのもの。
 ・熱交換器(ゲジゲジ)はあまり汚れない。
 ・三菱の霧ヶ峰(の、自動おそうじ無しモデル)は非常に分解しやすい構造

該当する霧ヶ峰は、例えば現行品(2017年)だとMSZ-GVシリーズやMSZ-GEシリーズ。


寝室に取り付けてあるのは、2011年型 MSZ-GM281-Wなので
いけるかな?ということでDIYで自力分解清掃してみた。
必要なのはプラスドライバーと、リーマー(またはマイナスドライバー)のみ。
20170817_MSZGM281_01.jpg

コンセントを外してから作業すること
まず説明書にもある通り、フロントパネルとダストフィルターを普通に取り外す。
20170817_MSZGM281_02.jpg

水平フラップを取り外す。真ん中をパチンと外してから、
ちょっと曲げて右側から抜けば簡単に取れる
20170817_MSZGM281_03.jpg

本体カバーの下面に2か所ネジがあるので、外す。メクラ蓋つき。
ちょっと下にずらすようにして指で外す。
20170817_MSZGM281_04.jpg

メクラ蓋を外したところ。
20170817_MSZGM281_05.jpg

本体上面にある4つのツメを外す。
リーマーか、マイナスドライバーでちょっと押すようにすれば簡単に外れる。
上面以外(側面、下面)からやってしまうと外れにくいので注意
20170817_MSZGM281_06.jpg

そのまま本体カバーを前に引き出すように引っ張れば、取れる。
次はドレンパン・・・だが電装関係をちょっと外す必要がある
20170817_MSZGM281_07.jpg

まずアルミのカバーを外して(ねじ一つで1枚づつ、合計2枚ある)
20170817_MSZGM281_08.jpg

戻すときのためにコネクタと配線引き回しを写真に撮ってから
コネクタと配線をばらして
20170817_MSZGM281_09.jpg

まずムーブアイユニット(フロアアイユニット)をとる。
ちょいと取りにくいが、ネジはない、単なる嵌めこみ。よく見てゆっくり。
20170817_MSZGM281_10.jpg

次にドレンパン。写真にある3つの部分のツメ(というか嵌めこみ)を外して、
前に引っ張る。ちょっとコジる感じになるが・・・
20170817_MSZGM281_11.jpg

途中でドレンホースを抜かないとならないが
これも写真のように、指で押すだけでスポッと抜けるツメがあるはず。
20170817_MSZGM281_12.jpg

抜いたドレンパンには、水平・垂直フラップのモーターがあるので
これも抜き取る。ねじ止めされている。
20170817_MSZGM281_13.jpg

これでドレンパンは電装品が無くなるので、風呂場でジャブジャブ洗える。
マジックリンとカビハイターでピカピカ。
20170817_MSZGM281_18.jpg

最後にクロスフローファンだが、まずファン右端に1か所だけ羽のない箇所があり
そこにネジがあるので外す。
20170817_MSZGM281_14.jpg

次に熱交換器ユニットの左端にある2つのネジを外す。
20170817_MSZGM281_15.jpg

あとは熱交換器を、左側から少し上に持ち上げつつ
クロスフローファンを左に引き抜けばOK
20170817_MSZGM281_16.jpg

クロスフローファンも風呂場でジャブジャブと洗えば
滅茶苦茶大量の黒いワカメ(カビ+ゴミ)が取れるはずだが
最後に、左側の軸にグリスを塗ること
ゴムブッシュで支えられているので、私はシリコンルブを使ってみた。

で、クロスフローファンを再取り付け。すごい綺麗。
20170817_MSZGM281_17.jpg


これでカビ臭さは全くなくなった。
これ以上の掃除は
 ・熱交換器を高圧洗浄機で洗ったり
 ・裏側にもドレンパン構造があるはずなので、そこを洗ったり
となるが、後者は完全分解になるので冷媒の再充填が必要になる。

熱交換器のために高圧洗浄機を買うかどうかで悩むところ


以上!
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

https://silver0480.blog.fc2.com/tb.php/444-a3829ec2

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫