数は魔術師

 2006-10-19
数は魔術師 数は魔術師
ジョージ ガモフ、マーヴィン スターン 他 (1999/06)
白揚社
この商品の詳細を見る


#これもYahooブログから転記

前回の書評で書いたジョージ・ガモフの本。
初版はなんと50年も前。
自然科学本ではなく「頭の体操」シリーズに類する
(というかこっちのほうが遥かに古い)が
とんちで解決などというものではなく、膝を叩くような明快な計算。
間違いなく、ガモフは複数の才能を持った天才だと思う。

私は小学生の時にこれを読んだが、今でも色あせておらず
また同様の経験をした人が多数いる模様(amazonの書評欄にも(笑
間違いなく、すべての大人・子供・老人に薦められる。
子供が、将来学問の道に入るきっかけになり得るし
大人( = 子供の1/10程度しか、新たな知識に対する忍耐がない)も、間違いなく飽きることはない。
誰から見ても「良書」といえる、真の良書。

ちなみに著者は、本来はとてもすごい物理学者だが
一般向け書籍がどれもこれも素晴らしく「読みやすい・面白い」。
文才も天才的。ついでにユーモアのセンスもある。

【ユーモア:その道の人にはとても有名な例】
ビックバン理論の元になった「αβγ理論」(アルファ・ベーテ・ガモフ理論)というものは
3人の共同理論に見えて、実はハンス・ベーテは殆ど関わっていない。
じゃあなんでベーテが・・・といえば「αβγとくれば語呂がいいから強引に誘った」。

書籍も、こんなセンスで書かれているので
とにかく2000円払って買って読むべし。
文系でも、中卒でも、理系院卒でも、誰でも絶対後悔しません。
スポンサーサイト
タグ :
コメント
ろうそくの科学とか。

でも、あれは万人向けではないか。。
【2006/11/01 13:11】 | ふるりん #- | [edit]
いや、ろうそくの科学も「へんないきもの」よりはためになると思う。

あれはあれで面白いけど・・・
【2006/11/01 21:52】 | tetsuya. #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

https://silver0480.blog.fc2.com/tb.php/5-18fa630c

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫