iPod on Car (ATENZA)

というわけでiPodを入手したので、当然車(アテンザ)に積みたくなる。
2年前は、あまり秀逸なのがなかったが・・・・

条件は3つ。
・純正オーディオに繋ぐ
・ステアリングリモコン他、純正オーディオで操作可能
・ナビ・iPod・できればShuffleの3入力

ちなみに現在、MAZ/PC-ALPというアダプタを搭載、
カーナビ(mp3可)が直結されている。
MAZ-PC-ALP.jpg

要は単に純正装備のCDチェンジャ端子をALPINE M-BUSに変換するだけ。
当時は国内では手に入らず、普通にdiscountcarstereo.comから個人輸入したうえに
前期アテンザでは車のヘッドユニットにもジャンパの改造が必要、
なおかつMAZ/PC-ALPにも改造が必要というナイスな敷居の高さ。
今ではマツダの一部ショップでも扱っているが・・・・

ともかく色々探してみた。

【1】MAZ/PC-ALPを生かす
当時から、icelink(初期)を繋ぐ事は出来たが
今は時代が進んでこんなものが売っている。
aux_4_1.jpg

本体は同じモノだが、変換ケーブルが秀逸で、入力が3つある。
ナイスなことにiPod Dock / RCA / Mini-Pinだ。
ケーブルだけ8000円で売っていたので即注文した
こらえ性がない。
Discountcarsteroでは$40、米国からの送料考えれば高くはない。
ただしiPodのコントロールは出来ない・・ので不満が残る。
また3つの入力は同時に鳴ってしまう・・・原始的。

【2】スタンドが欲しい
当然車載スタンドが欲しい。かつアテンザ専用で。
探せばあるもんで、ProClipというのがあった。
840652 Apple iPod nano
ProCLIP Direct

これとアテンザ用マウントベースを即注文した。
全くこらえ性がない。
が、このキットは後述する「別の選択肢」にも使えるのでいいのだ。

【3】MAZ/PC-ALP以外:icelink
注文してひとしきり落ち着くと、
リモートコントロールが出来ないことが不満に感じる。
というわけでとりあえず有名なicelink。

ice>link Plus:mazda

DENSION
39,800

むう。高い。しかもnanoのホルダーアダプタが別途必要。
なおかつ、入力が一つしかない。
却下。

【4】MAZ/PC-ALP以外:マツダ純正
実はマツダ純正でも最近オプションが出ており、2万弱とかなり安い。
ホントは前期アテンザ未対応だが、うちのアテンザは改造してあるので多分いける。
が・・・こいつ、iPod本体直接操作が一切出来ない上に
曲名などもディスプレイ出来ず、
入力も1つしかなく、
なおかつFF/REWぐらいしか出来ないのだ。
即却下。

【5】MAZ/PC-ALP以外:DICE
というわけで本命。icelinkの後継商品。
DICEという商品名に変わったらしい。
DICE iPod integration Kit (MAZDA)
DENSION
34,650

こいつは凄いぞ。
・入力x2(うち1つはDockコネクタ)
・入力切り替え可
・Dockでない方のコネクタ音質コントロール可
・アルバムスキップ、シャッフル再生など可
・車のHUDに曲名が出る
・当然リモートコントロール可
しかし問題もある。まず高い。そしてまだ発売前だ
更に専用スタンド(かっこいい)は発売予約すらされていない。
おそらく合計で4.5万ぐらいになるのだが・・・・


【6】MAZ/PC-ALP以外:DICE直輸入
というわけで直輸入を検討。
まずメーカーのページは、買えるがUSとCanadaしか出荷できない。
更に例のDiscountcarstereo.comでは商品の扱いがない。

しかしあきらめないで探すと、、、あるもんだ。
enfigcarstereo.comがいける。MAZ/PC-ALPも扱ってるでやんの。
試しにDICEとマウンタをカートに入れてみると
$144.99 DICE
$59.99 マウンタ
$26.85 送料
$231.83 合計金額

こいつは安い。即注文しそうだ
が、一応思いとどまって居るという状況。


さて、どうするべぇ。
って悩むまでもなく即注文してしまった。
だって27,723円で良かったんだもん・・・安いよ。
ヘタにPaypal登録とかあるからいかんのだ。ホントにいかんな。

1日に2種類も買ってどうするのだ。うーむ。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

トラックバック

車等々

2002年5月20日発表(マツダにとってはマツダ・トリビュート|トリビュートが発表された2000年10月以来1年半ぶりの新型車である) 車名の由来は、イタリア語で注目を意味する「アテンツィオーネ」を造語にしたものである。 ヨーロッパ市場との関係などで全幅が1780mmあり、エ

このページから検索

最新記事 (サムネイル付)

docker で 軽量webサーバ(alpine + lighttpd) May 19, 2022
docker MyDNS 自動更新 May 17, 2022
docker nginx + Let's encrypt 自動更新(cron使わないで) May 15, 2022
新PC ( 5900X + 3080RTX + 簡易水冷 + dlh21 小型ITX ) Apr 12, 2021
スマートウォッチ使用感比較 Mi Band 5 / Steel HR / GT2e Dec 31, 2020